君を、照らして。

明日も笑えるように。

あの日の思い出

もん。です。

わ〜、久しぶりのブログ…!

 

すっかり暖かくなり、雄也さんが大好きな季節がやってきましたね。雄也さんはもうちょっと前に夏宣言をされましたので、とっくの前から夏です。笑

今まで、暑いし、虫も多いし、体調もすぐ崩しちゃうし、夏が苦手だなぁなんて思っていたけど、雄也さんの好きな季節だというだけで夏が来るのが少し楽しみになっていたりします。虫とかはまだ嫌だけど…雄也さんは楽しんでいるかなぁと考えてしまいます。

これでまた、私は人生を楽しく生きていられてるなぁと実感するな〜っ

 

 

 

そしてこの夏やりたいことは、海に行くこと!🌊

 

 

 

 

 

本題に入りますね。

みなさん、少し前の、6月7日に放送されたMステをご覧になられましたでしょうか?

私、勉強をほっぽってMステを母と見ていました。(やることがたまっているのにもかかわらず…めっ)

たまたまテレビをつけたらV6さんが出ておられたので、こないだ雄也さんと舞台をされた長野くんもいるし、母が見ている特捜の主題歌も歌われる…!ということで見ることにしました。とてもかっこよかったですね️☺️私、V6さんの優しい歌声、とても素敵だと思います。

 

しばらくたち、スーパーライブ特集?のようなコーナーで、2009年のスーパーライブ映像が流れました。

懐かしい曲〜なんて母と楽しく見ていたときでした。

 

 

 

♪大丈夫だよ、見上げればもう 

大丈夫 ほら 七色の橋

涙を流しきると 空に架かる 〜

 

 

 

 

耳に入ってきたのは、Aqua Timez の『虹』。

 

 

私にとって、特別な、大好きな曲でした。

歌っている映像は見たことがなくて、あまりの嬉しさに戸惑いながらも、涙が出そうなままふと画面の右側を見ました。

そしてとびこんできたのは、

"三浦春馬&髙木雄也(Hey!Say!JUMP)出演

ドラマ「ごくせん」第三シリーズ 主題歌"

 

の文字。気づけば、ぽろっと涙が出ていました。

母は、驚いて画面から目を離さないまま泣いている動かない私を見て引いていたほどです。

 

 

 

 

私にとって、

ごくせんは、今でもずっと聴いている『虹』という特別な曲に出会った、そして大好きな雄也さん演じる大和くんに出会えた特別な思い出だったから。

 

 

その時の思いが、色褪せない思い出が頭中駆け巡って気づいたら涙が出てきていて。

 

 

 

ずっと、もう頭から離れないので、今回は私が雄也さんを好きになるまでの話をしようかなぁと思います。

この消化しきれない感動は、文字に起こすしかないっ!と思い立ち…自己満足になりますが…

もしよかったら覗いていってください☺️

 

 

 

 

 

ごくせん第三シリーズは、2008年に放送されたドラマでしたね。

この頃、私はまだ小さい子供でした。

だけど、家族で楽しく見ていたことを覚えています。

 

 

 

私は、髙木雄也演じる、緒方大和が大好きでした。

もう、それはそれは…とっても…

 

そして、家族もまた、大和くんが好きでした。演技がうまいな、かっこいいな、と両親が話していたのも覚えています。

 

 

今思えば、あの年齢で私はすごいドラマを見ていたなって…青春ドラマで、メッセージ性の強いステキな作品でしたが、その言葉たちはほとんど覚えていなかったし、喧嘩のシーンも多くて。小さな私はきっと物語を理解していなかったはずなんです。

 

 

ただ、彼が見たくてドラマを楽しみにしてたんです。

 

 

そこまで好きならば、

今ごろの年齢ならこの役を演じているのは誰だろう…と気にしてすぐ調べたりできたはずなのですが、なにせ私は小さな子供。演者を気にすることもなく、ドラマが終われば、当たり前に彼を見なくなりました。

 

 

 

 

 

 

 

そして、少し歳を重ねた私。

この頃にも、毎週見ていたドラマがありました。

それが、2014年に放送されていた、中島裕翔くん主演の水球ヤンキース

青春ドラマで、とても爽快で。ドラマとしても好きでした。

 

だけど、今度もまた。

ある一人の方が大好きだったのです。

 

 

 

 

それが、髙木雄也演じる虎雄くん

クールで、だけど実は優しくて不器用だけど真っ直ぐな彼がかっこよくて、輝いていて。

 

 

 

 

 

 

 

2.3話目?くらいの水球ヤンキースを見ていたある日。

 

(…やっぱり、どこかで見たことあるような…?)

 

一話目から、なんとなく初めて見る方じゃない気はしていたのですが、少し経ってからやっぱり気のせいじゃない気がするなぁ…。ともやもやしはじめます。

 

 

とりあえず、気になるから調べてみようと検索をかけてみました。

 

 

 

 

 

 

 

ここで、虎雄くんの役を演じていたのが、髙木雄也さんだと知ります。そして、主演の中島裕翔くんとともに、Hey!Say!JUMPというジャニーズのグループであること。

 

 

 

 

 

 

また、髙木雄也と検索。

彼が出演した作品が目に入ります。

 

 

 

 

 

そこには、

"ごくせん 第三シリーズ 緒方大和役"  という文字。

 

 

 

……??

…え…!?!?

 

緒方…大和…?ごくせん…?

 

 

 

私が幼い頃大好きだった大和くんに、再会できた瞬間でした。

 

 

感動が止まらなくて。

そして、ストンッと腑に落ちて。

ああ、だから虎雄くんが好きだったんだ、と。

 

 

 

 

 

私は、雄也さんの演技が好きなんだ。彼が目に入るんだ。

 

 

 

 

 

 

(ここで生まれる疑問。…なんでそれだけ大好きだった彼を見てすぐ気付かなかったの…?)

 

(…ほんとに、なんですぐ気付かへんかったんやろ…)

 

 

(でも、顔や体がだいぶ違っていたから気付かなかったのかな…?なんて今は思っています。現に、見た目の違いにびっくりしちゃったので。もちろん、両者ともとてもかっこいいです。)

 

 

 

のちに、同年の一月から放送だったDr.DMATも消防士さん役ででいたことも発覚。それも見ていました…

…なんだかもう、思い出したら笑っちゃいますね。私、なにかと彼の演技を感じていたんだなって。嬉しかった。

 

 

ここまで知ってしまったら、もう後は早くて。

だんだん知っていくうちに、

気が付いたら雄也さんのファンになって、Hey!Say!JUMPというグループも大好きになって。

こうして、彼らを好きになって気づけば5年ほど。

 

 

長い年月を経ても、私はまた演技を通して雄也さんを見つけ、今ではファンとして彼を見続けています。中身も知れば知るほど魅力的で。とても、とても尊敬している人です。

ジャニーズをここまで好きになるなんて、思ってもいませんでした。

なにが起こるか、わからないなぁ。

 

 

 

今更ながらに、雄也さんのファンになったきっかけのお話でした。

 

 

 

…長かった〜。Mステを見ただけでこんなにも感情が溢れるとは、思いませんでした。

 

 

 

 

 

 

アイドルというお仕事は、歌って踊ってライブをするのがメインで、本人たちも言うように一番輝ける場所で。だけど、俳優業も私にとっては特別です。彼に、出会ったきっかけだったから。

一番!とはまた違って…特別、なんです。アイドルだからといって当たり前にドラマができるわけじゃないから。

そんな中、ドラマの雄也さんを見てファンになった。それってすごく贅沢で、運が良かったなぁって本当に思います。

 

 

 

 

なにをしているのも、雄也さんが一番で。

歌も、ダンスも、演技も。上手い下手ではなくて、ただ一番わくわくして、どきどきして。何かを見ては、次はどんなものを見せてくれるんだろうっていうわくわくとどきどき。次から次へと進むたび、最高のものを更新し続けていく雄也さんがかっこよくて目が離せない。こんな人を好きなんて、贅沢すぎる…私なんかが好きでごめんなさいって時々申し訳なく思うほどです。

 

誰かと比べる訳ではなく、一個人として、雄也さんが好き。たったその一言に尽きるんです。雄也さんが好きだから、彼が一番なんです。

 

告白してるみたいになっちゃった…。

 

 

 

 

みなさんにとっての自担さんはどんな方でしょうか。

ご自身にとってどんな存在でしょうか。私のように尊敬する人なのか、はたまた恋をしているのか…人それぞれだとは思いますが、どんな形にせよ、そこにはたしかに愛がある。素敵だなぁ……。

 

 

 

 

…少し脱線したし、重たい重たい言葉を連ねてしまいました。ごめんなさい、普段はこんなこと口にしないのに、文面にするとこんな言葉ばかり。不思議ですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

最後に。

 

 

 

 

 

 

ごくせんというドラマを見てからずっとファンだったら、どうなっていただろうと考えます。

ファンになった当初、早く出会っていたら…と時々昔からのファンの方が見たものを感じたくなってしまう時があったのですが。

わたしはこの運命だったんだと。だからこそ感じることを大事に心にしまっておきたいなぁって。これからも。

出会いは人それぞれです。だからこそ、早く出会ってたら…って後悔するということは、自分が出会った時のことを否定することになるんじゃ?って思って。それは、もったいなぁって。

わたしは、こうやって雄也さんに出会えたことを大変嬉しく思っています。

 

きっとずっと忘れない大切な思い出だから、ここに綴ってみました。わたしなりの、拙い言葉ではございますが。

 

 

 

また機会があれば、みなさんの自担さんに出会った時の話、聞きたいです。私、誰担構わず、自担さんの好きなところをたくさん聞いたり見たりするのも大大大好きですので。

 

 

ここまでお付き合いいただき、ありがとうございましたっ。また別の機会があれば、たくさん書いていきたいと思ってます🧸

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(みんなで幸せを感じていられますように。

きっと、明るい未来が待ってますよっ。きらきらした、輝く未来が。

…根拠はないけど。でも、JUMPを好きな気持ちがたしかにあればきっと。)

 

 

f:id:mon3126:20190624021807j:image

 

 

 

もん。